2019年8月15日 (木)

「残暑お見舞い申し上げます」  涼しげなサギたち

 お盆のさなか また「8.15」のさなか また台風の影響が強まるさなかの「残暑見舞い」です。何年前でしたか アオサギの可愛い水浴びを「残暑見舞い」であったか 「暑中見舞い」であったか で アップしました。今回の主役はゴイサギ。

201907291

1羽のゴイサギ 真夏の川の堰は 水量が多いと涼しげです。

201907292 

おっと ダイサギ君も「涼」を求めて? やってきました。

201907293

おや 前を横切ったのは?

201907294

ゴイサギの幼鳥のようです。あ~ 昔のように 子供の時のように こんな中に飛び込んでみたい。ふと そんなことを思っていた時 そんな「悪さ」をする年齢の時 ちょうど半世紀も前のこと 「悪友」を失ったことを思い出しました。 

「8.15」によせて

 「敗戦」を迎えた1945年8月15日、あれからもう74年。もちろん私も「戦後世代」でありますので 戦争自体を直接体験したわけではありません。でも 「勉強」はしました。そして それは 「今」「現在」の問題であることも 「勉強」しています。

 今 現在 の日本で

戦争をしたくてしかたがない人たちがいる。

74年前に「敗戦」を迎えた戦争について 私たち国民に知られたくない人たちがいる。

この戦争で 日本国民がこうむった「大きな被害」について 知られたくない人たちがいる。

この戦争で 日本がアジア諸国民に与えた「甚大な被害」を 知られたくない人たちがいる。

戦後 74年間 日本が この戦争について アジア諸国民にどういう態度をとってきたか 知られたくない人たちがいる。

今 焦点になっている「慰安婦問題」「徴用工問題」また「北方領土問題」が 戦後の「今」の問題であることを 知られたくない人たちがいる。

 「反省だけならサルでもできる」などと言ったのは誰でしたか? その 「反省」すらないところに「今」「現在」の問題があります。私たち国民も そろそろ自らの眼で見 自らの手で調べ 自らの言葉で話し 「偉い政治家さん」や「偉い学者さん」や「マスコミさん」のサルマネをするのはよそうではありませんか。

 私は「平和のうち」に この美しい日本の自然の中で 鳥や生き物を見 また撮影をしていきたい。憲法9条をどうするかは 「戦争をしないのがあたりまえの国」となるのか 「戦争をするのがあたり前の国」となるのか という問題です。今日この日を「敗戦」の記念日と見るのか 「終戦」の記念日と見るのか この一事であっても つらく悲しい思いをする方はいるかも知れません。でも このことを含めて 避けて通れないことがたくさんあると思います。 

 

 

2019年8月13日 (火)

鳴かない・・・  ハチクマ

 猛暑の中 あいも変わらず ウロウロしております。今月は 今日で猛暑日が10日目。少しずつですが ハチクマの顔が見え始めました。でも 昨日(今日はお休み)まで鳴き声はゼロ。5日の画像から。

201908051

久しぶりに至近を飛んでくれました。

201908052

鷹の中では 首の長さと優しい顔が特徴的なハチクマです。

201908053

ここで 何かを握っているのに気づきました。

201908055

2・3段重ねの蜂の巣のようです。そろそろ「ピーエー ピーエー」という鳴き声が聞こえてもいいはず と思うのですが 知っている範囲のどこへ行っても鳴き声はなし。子育てが遅れているのでしょうか。

2019年8月11日 (日)

水浴びの後・・・かな?  ハチクマ

 8月に入って猛暑が続いています。もう35度以上の日が 今日(10日)で7日目かな? 暑さと疲れ さらに強烈な気温と日差し 今月に入ってアップしてみようかな と思ったのはこの子だけ。1日の画像です。

201908011

この日も ふもとは36度あったとか。この位置から高度差にして70m~80mほど下の場所で 双眼鏡をのぞいていてこの子を見つけました。

201908015

まったりとしていてくれたので 15分ほどかけて近づくことができ やっと撮れました。(上の画像も同上)

201908018

右側からの強烈な光線で ピントもままなりません。距離もかなりありました。そして 画像を見ていて気が付いたのは どうも水浴びの後 羽根を乾かしたりお手入れしたり というこどでした。

2019080112

撮影開始から10分ほどたって 飛び立ちました。画像は 大きく補正しているので色もおかしいかなと思います。一昨年 枯れ松の上で蜂の巣を握ったオスを撮影したのは この同じ稜線でした。ちなみに一昨日も この枝にとまっているのを見ましたが 撮影地点まで上がってみたら もう姿はありませんでした。

 

2019年8月 9日 (金)

「とっくみあい」の兄弟げんか2 オオタカ巣立ちビナ

 さて 前回の続きです。兄弟げんかの結果はどうなったのでしょう?

201907246

おっと 空中で強烈な右の羽根での叩き伏せ。

201907247

201907248

どうやら両者バランスを崩して

201907249

弟(推定)が逃げ出した。

2019072410

ハヤブサ兄弟では ここまで「本気モード」の兄弟げんかは見たことがありませんでした。ハヤブサとオオタカの「性格」の違いというものでしょうか。ちなみにここまでの画像は 全部7月24・25日のものです。

«「とっくみあい」の兄弟げんか1 オオタカ巣立ちビナ

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31