2019年4月18日 (木)

ため池にムナグロ

ちょっとまいってしまいますね。「不具合の修正」のたびに 画像のアップや削除の仕方が変わるのには。私のように「うとい」者は それだけでよぶんに30分以上時間を浪費してしまします。

さて 昨日・今日と 極端に暖かくなってきました。大きな気温の上下は 私たち「高齢者(笑)」には応えます。昨日 巡回コースに入れている池に行ってみました。たまにシギチが入る池、水が減り少し濁っている岸のそばで 黒い影を見つけました。

201904171

ムナグロのようです。夏羽に換羽中の手前の個体と どうやら幼鳥のような個体。2羽がいました。

201904172

両方とも水浴びをしてくれたのですが きつい日差しと水面の反射 さらに手前の岸には陽炎もたってで なかなかピントがきませんでした。すぐそばでは コチドリとケリも水浴びをしていました。

2019年4月15日 (月)

今シーズンも 「役者」がそろいました!  サシバ

 出足が不調だったサシバ やっといつもの谷でオスとメスがそろいました。

201904061l_2

6日 メスと思われる個体 こちらは 見覚えがあります。

201904122l

12日 オスと思われる個体 普通オスが早く来て待っているという話です。ということは 私が見落としていたということでしょう。どちらも「空抜け」 枝どまりをしていたと思われるのですが驚いて飛び立ったところのようです。 

2019年4月13日 (土)

今シーズン初認 オオルリ

 あんまり撮れませんね、このところ。やっと初旬の寒さを脱して どうやら夏鳥たちが顔を出してきました。今日はきれいなキビタキを見つけましたが 林の中に逃げ込まれました。ということで 昨日のオオルリ。

201904121l

昨日 サシバを見に行った谷で出会いました。最初 防獣柵の金網にとまっておりました。あとはとにかく良いところにとまってくれることだけを期待して待ちました。まあ まずまずのところですかね! 1枚だけです。

※コンピューターがおかんむり。どうやら Win10のシステムを総入れ替えしなくてはいけないようです。ということもあって記事アップは不定期になるかも。

2019年4月10日 (水)

サクラの花にニュウナイスズメ

 このところほとんど猛禽ネタばかり。久しぶりにちょっとかわいい子たちをアップします。昨日一昨日と桜が満開状態、入学式帰りの母子が何組もここで記念撮影をしていました。その頭の上には かわいい子たちが顔を出していました。

201904091_1

201904092

201904093

ニュウナイスズメたちです。鳴き声から判断するに20~30羽程度。ちょっと寂しい限りです。というのは ここは毎シーズン どこからともなく集まってきた100羽以上の群れを見ることができた所。イカル君に続いて今シーズンは不作。桜が散ってしまう頃には 彼らは北へ帰っていきます。

2019年4月 7日 (日)

オスとメス  コチョウゲンボウ

 先月21日以来 ずいぶん長い間ブログをお休みしました。「リニューアル」にともなうゴタゴタと 記事投稿に関しての管理画面の変更で 正直ちょっとやる気をなくしていました。先日 サシバが入ってきているのを確認して さてブログ再開としようかな と思ったのです。

 ただ 記事は古いものになります。最後にコチョウゲンボウを確認したのは2月25日。

201902251  

メスが電線にとまっているのを確認。空抜けに近いので 800mmを手持ちで撮影。

201902252

うん? 何か上を見上げました。この時 私が上を確認したら 違った展開になったでしょう。

201902253

201902254

かろうじて メスの飛んで行った方向を追いかけたら その先にいたのは・・・

201902255

最初は チョウゲンボウに突っかかっていったのだと思っていました。で あらためて画像を見直してみると メスが突っかかって行った相手は なんとオスのコチョウゲンボウでありました。慌てて オスを捜してみましたが 当然のことながら見つかるはずもなし。結局 電線コチョウゲンボウだけの 味気ない画像になってしまいました。 

«ヒヨ 果敢に挑む!  オオタカ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30